医療福祉施設でペットの
ヘルニアなどの症状を解決

重たい病気の治療

犬が癌になったときには

犬が家族同様の扱いになるようになったのはここ数十年のことです。数十年前は犬は外で飼われていて、老化すると自然に死を迎えるというのが一般的でした。 しかしながら、現代では犬の体調が悪くなると動物病院に行き治療をします。そうなると増えてきたのが犬の癌です。昔は癌であることも分からぬまま亡くなっていた犬たちも、病院のおかげで癌が見つかり治療をすることができるようになりました。 癌を治療することでとても長生きすることができる犬も増えてきました。飼い主としては、しっかりと治療をして長生きしてもらいたいと思います。 ここでの問題は、癌の治療費です。犬には健康保険が使えませんので治療費が実費となります。この問題を解決するために、ペット保険というものも登場してきました。

幸せな時間をより長く

現在では多くの方がペット保険を利用するようになりましたが、すべての飼い主が保険に加入しているわけでは有りません。今後はより多くの飼い主の方がペット保険に加入するようになると思います。 ペット保険では癌の治療やそのほかの病気の治療費を保証してもらうことができ、飼い主は安心して犬の治療を行うことができます。 これから、医学が進歩していきより多くの命を長生きさせることができるようになります。それに合わせてペットの保険もより手厚いものに変わっていくでしょう。 そして、癌が見つかる数は増えると思いますが、癌で亡くなる犬というのは減っていくのではないでしょうか。 多くの犬が長生きして、飼い主と幸せな時間を長く過ごせるようになってくると思われます。