ヘルニア予防と改善策 | 椎間板ヘルニアはドッグ医療のプロにお任せ|もう困らないワン
医療福祉施設でペットの
ヘルニアなどの症状を解決

ヘルニア予防と改善策

治療の今後の動向について

犬は種類によって椎間板ヘルニアになりやすいタイプがいます。ダックスフントやウェルシュコーギー、プードルなどの軟骨異栄養性犬種に起こりやすい病気です。また老化や激しい運動によっても起こりやすいのです。 椎間板ヘルニアになると足を引きずったり、自分では立ち上がれない、排尿障害などを起こしてしまうのです。 犬の椎間板ヘルニアは軽度であれば安静にして内服薬で治療をしていきますが、ひどくなると手術をする必要もあるのです。 手術をしても治らない場合があり一生歩けなくなってしまうこともあります。 最近の取り組みですが、椎間板ヘルニアの手術をしても完治しなかった場合でも、幹細胞移植で失われた組織や機能を再生させて治療する方法が注目されているのです。

椎間板ヘルニアの注意点とは

犬をペットとして飼っている人はとても多く、家族の一員として大切に扱っている人も増えています。 しかし犬種によっては椎間板ヘルニアになりやすい犬もいるため、普段から注意が必要なのです。なってからではなくならないように予防してあげることが大切です。 予防するためにはまずは減量が必要です。平均よりも太っていると背骨に負担がかかりやすくヘルニアになりやすくなってしまうのです。また室内のフローリングは滑りやすいため、犬に負担になってしまうこともあるのです。カーペットやラグマットを敷くなど犬が行動する範囲内は滑らないように気をつけてあげることが必要なのです。 また抱き方もとても重要であり、前足を持って持ち上げるなどは背骨に負担がかかるため注意が必要です。